お金を借りるには、どの業者がいいんでしょうか?

このページでは、お金を借りる方法について色々と紹介していますが、どういう業者を選ぶのが正解なのでしょうか?

 

急いでいる方は、まずはネットから借入可能か診断してみることをおすすめします。

 

カードローン選びの参考として、是非利用してみてください。

 

アコム

アコムの特徴

★最短で30分の審査回答で、最短1時間での融資も可能です。

★土日祝でも審査がオッケーです。

★初めての方に限り、最大で30日間金利が0円です。

★安定した収入があれば、主婦やパート・学生でもOKです。

★派遣社員や自営業・農業の方でもご利用OKです。

★楽天銀行の口座を持っていれば、24時間365日振込OK!です。

★条件が合えば、担保・保証人不要です。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

アコムは、老舗の信用とスピード力で、今スグの融資のニーズに応えるカードローンです。はじめての方でも30日間無利息なので安心して借り入れできます。3秒診断での借り入れ診断が便利です。

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロです。契約日からの換算でないので無利息期間が失効することがないのでとてもお得です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

★最短で1時間での融資もOKです。

★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスが好評です。
(手数料も無料)

★条件が合えば、50万円まで収入証明不要です。

★紛失の心配のないカードレス※で契約することもできます。
(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。)

★女性が担当するレディースプロミス窓口も好評です。
(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」にこだわった人気のカードローンです。急ぐのであれば午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込だけ済まして、最寄りの自動契約機に駆け込めば、当日中にすぐに借りる事も出来ます。緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります。

 

賢く借りる低利息の新講座!

 

当サイトにアクセスして頂きましてありがとう御座います。

 

お金借りる必要になった時、何を基準に業者を選びますか?
会社の信頼度、即日審査、融資可能か、対応ATMが近所にあるかなど、判断材料は多岐にわたります。

 

しかし、なんといっても一番気になるのは「金利」ですね。

 

10万円程度を借りるならともかく、数百万円を借りるとなればこの値が非常に重要になってきます。

 

100万円を借りて4年後に完済したとして、金利が5%違うと利息の差は約12万円にもなってしまいます。

 

しかし、ちょっとした趣味にお金借りる程度なら、これ以外にも重視したいポイントはあります。

 

例えば即日にお金借りるなどです。こんな時には金利よりも融資までの審査スピードで選んでも良いです。

 

ここでは、低利息でお得にお金借りる方法や、銀行と消費者金融の金利差など、お金にまつわる情報を満載しています。

 

おすすめ業者の比較ランキングも発表します。

 

どうかここを参考にして、低金利の業者選びに役立てて下さい。

お金借りるときの金利はどのくらいが一般的ですか?

キャッシングやカードローンなどでお金借りるときには、業者と審査後に金銭小貸借契約を締結しますが、このときに金融機関と返済期間、ひと月毎の返済額と共に、金利についての約定をします。

 

金利の数値については法令で上限が定められており、それを超えた金利での貸し付けをすることができません。上限はお金借りるときの額によって異なります。

 

10万円未満の場合は上限が20パーセント、10万円以上100万円未満の場合は18パーセント、100万円以上の場合は15パーセントが上限金利です。

 

基本的には、この上限がお金借りるときの一般的な金利の目安となります。もちろん、必ずしも上限金利で貸し付けがなされるわけではありません。

 

例えば、不動産を担保にお金借りる場合など、担保が別にあって債務者の返還不能に備えられる場合は、それよりも低くなります。

 

また、利用状況、返済状況によっても、下がっていくことはあります。

 

ただし、一般的な無担保ローンで初めてお金借りる場合は、その業者の上限金利でのキャッシングとなる場合が多いです。

お金借りるときに金利が安いのはどんな方法ですか?

お金借りるときに少しでも安い金利でキャッシングを希望するなら、どういった方法で借りればいいのでしょうか。

 

もちろん、業者によって様々なカードローンがあるので一概にはいえませんが、キャンペーン中などの返済プランを利用すれば、安い金利でお金借りることができるケースがあります。

 

例えば、30日以内に返済をすれば金利がゼロになったり、あるいはお金借りる金額が低くはなってしまいますが、半年以内の利用ならば金利がゼロになるなど、そういったサービスを用意しているカードローン業者も多いです。

 

むろん、お金借りるときの審査であったり、あるいは過去に借り入れ経験があるかどうかなど、そういったことも踏まえた上で提供されることにはなります。

 

ただ、その結果として安い金利でお金借りることが出来るのであれば、積極的に活用しない手はないですね。

 

とりあえずは、業者ごとのプランをしっかりと比較してみて、よりお得に借りられるプランを選ぶと良いです。

 

もちろん、返済条件なども必ず確認しておくようにしましょう。

お金借りるとき低金利にする方法でよいものはありますか?

お金借りると、その後の返済を少しでも楽にするために、低金利の金融機関を利用したいというのは誰でも考えることですね。

 

では低金利で利用できるのはどこなのかといえば、それは銀行や信用金庫などですから、財布の中身が少なくなる月末の給料日前などにお金借りるときは、銀行系カードローンを選ぶと良いです。

 

銀行系は企業としての信頼性も高いので安心して利用できますし、長期で借入れしてもそれほど利息が付かないので、楽に返済していくことが出来ます。

 

金融機関の中には、比較的高い金利で融資を行っているところもあるので、そこで多額の借入れを行うと、いつまでたっても返済が終わらなくなってしまいます。

 

低金利でお金借りることが可能な銀行系なら、そんな心配はいらないので短期間で完済することが可能になります。

 

もし銀行系に申し込み、キャッシング審査で落とされてしまった場合は、低金利の消費者金融カードローンを探してお金借りることも考えられます。

 

少額の利用であれば、数%の金利の違いで大きく損をする事もありません。お金借りる時は銀行、消費者金融問わず、信頼出来る業者を利用しましょう。

お金借りるときに金利が低いと返済が楽でしょうか?

カードローンやキャッシングでお金借りる時は、返済を考えるとなるべく金利が低いローンを利用したほうが良いです。

 

利息の支払い金額は、現時点での残高に対して金利がかかるので、当然金利が低いほうが支払う利息も少なくなるのです。

 

18.0%と17.8%のカードローンがあったら、当然17.8%の方が利息の負担は少ないのですが、返済期間を短くする事も利息軽減には有効です。

 

お金借りるときの契約手続きで返済期日を選ぶことができます。サイクル制にするか、約定日制にするかです。

 

サイクルだと35日ごと支払期日が到来し、約定日制は毎月決まった日が支払期日です。約定日制だと前回返済から次回期日が約30日間隔ですが、サイクル制だと35日となります。

 

間隔だけ見ると大差ありませんが、約定日制は返済日までの10日間が返済期間であり、それ以外の日には返済できません。

 

サイクル制だといつでも返済可能なため、なるべく多く返済することで返済期間を短くできます。

 

そうすることで、お金借りる時の利息を減らすことが可能になります。

銀行でお金借りるときの金利はどのくらいですか?

銀行からお金借りる時には誰でも金利が気になるものです。

 

その利率は利息の支払い負担の大きさを左右するものですので、お金借りるならできるだけ利率の低い条件でキャッシングしたいものです。

 

銀行の金利ですが、通常は各行によって微妙に違う利率が設定されています。

 

確かに利率の上限は法律によって厳しく定められていますので、どこの銀行であったとしてもこの上限は超えてはいません。

 

しかし、この範囲内で各行が独自の基準で定めていますので、一見すると同じようでも、よく見ると微妙に違っていたりするのです。

 

実際の銀行カードローンの金利は、4%〜14%程度のところが多くなっています。少額や、初回利用であればこの14%の金利が適用される場合が多いです。

 

ですから銀行のカードローンなどでお金借りる時には、出来るだけ上限金利の値が低いカードローンでお金借りるほうがお得になります。

 

なぜなら同じ金額のお金借りる場合であっても、そのほうが利息の支払い負担は小さくて済むからです。

 

ですからカードローン探しをする時などは、上限金利が重要な比較ポイントの一つであると心得ておくべきです。

お金借りるときの金利で消費者金融のものはどれくらいでしょうか?

消費者金融からお金借りる時の金利は、申し込みをした人の「属性」などによっても変わってきますが、「17.0%〜18.0%」辺りに設定されることが多くなります。

 

消費者金融によって上限金利として設定している値が違うので、低めに設定されている消費者金融を狙ってお金借りると余計な利息を払わずに済みます。

 

審査時間が早いところが多く、利用しやすいという事が消費者金融のメリットのひとつですが、その代わりに金利は比較的高めに設定されています。

 

様々な状況の人に対してお金を貸すという事は相応のリスクがあるので、その保険料だと考えれば納得できます。

 

公式ホームページなどを見ると「5.0%〜18.0%」といった感じで表現されていますが、基本的には最大値でお金借りる事になる可能性が高く、最小金利近くで契約することは難しくなります。

 

年収が1000万円以上あるなどの特殊な状況なら、最小値でお金借りる可能性はありますが、その状況でも最初は最大値付近で契約して、徐々に下がるといった展開が一般的です。

お金借りるときキャッシングのものはどれくらいでしょうか?

お金借りる時のキャッシングの金利は、おおむね「18%前後」が多くなります。

 

キャッシング会社の多くは、「9.0%〜17.8%」などと言う感じで告知していますが、基本的には表示されている最大値でお金借りる事がほとんどです。

 

最小値でお金借りるためには、「キャッシング会社が設定している最大融資金額付近」で契約することが必要になります。

 

例えば、「最高300万円まで融資可能」としている会社ならば、少なくとも250万円以上の融資限度額を設定してもらえば、最小金利付近でお金借りる事ができます。

 

キャッシングが利用出来る業者の中にも「消費者金融と銀行」があります。消費者金融の場合は18%前後が基本になりますが、銀行系を利用してお金借りる場合には「15%前後」という比較的低い金利でキャッシングすることが出来ます。

 

ただし、いずれにしても「想定されている最大値」でお金借りることが基本になるので、キャッシングを金利で比較する時には注意する必要があります。

カードローンのものはどれくらいでしょうか?

カードローンを利用してお金借りる時の金利は、状況・条件によって大きく変わります。

 

例えば、一般的に知られている消費者金融系カードローンを利用してお金借りる時には「18.0%前後」の契約になる可能性が高くなります。

 

仮に「10%〜18%」というように金利を表現していたとしても、初めて契約する時には最大金利でお金借りることが非常に多いです。

 

借入れ金額が増えれば低い数値が設定される可能性が高くなりますが、総量規制の対象となる消費者金融を利用して高額融資を受けられる人は限定されてしまうので、基本的には「表示されている最大値付近」でお金借りると思っておくと良いです。

 

カードローンと言えば消費者金融系が有名ですが、最近では銀行系も非常に増えてきています。

 

銀行系は消費者金融系よりも金利が低く設定されているものが多く、最大でも「15%前後」で契約できる可能性が高くなります。

 

お金借りる時の金利としては銀行系カードローンの方が有利となります。

無金利のものもあるのでしょうか?

お金借りる時は、貸す側も商売ですから無金利という訳にはいかず、もちろん利子を取ります。この利率は業者によっても違いますし、お金借りる額によっても変わってきます。

 

お金借りるとき無金利のものもあるのか?ということですが、上記の理由で銀行や消費者金融からキャッシングやカードロ−ンなどでお金借りる場合、通常はありません。

 

ただ、進学するための奨学金とか、個人間の貸し借りだったら、お金借りるときの条件次第で無金利になることもあります。

 

これ以外でお金借りるとき無金利になるとすると、業者のキャンペーンの時が考えられます。

 

初めてそこからお金借りる人で、一か月以内に返済するという条件であれば、その分に関しては利息をとらないという消費者金融は結構あります。

 

ほとんどの業者では一回限りのことですから、次にお金借りるときはきちんと利息をとられることになります。

 

一か月以内に返済する必要があるとはいえ、すぐにまとまったお金が入ってくる予定がある場合には有効に活用できます。